前のページに戻る  ホーム » 組織 » 農業振興課 » 農業振興班 » 森林環境譲与税の活用に向けた基本方針について

森林環境譲与税の活用に向けた基本方針について

 

本町の森林面積は11,270ヘクタールで、総面積の48%を占めており、その内町有林は183ヘクタール、町有林を除く一般民有林(私有林等)は5,269ヘクタールあります。町では、森林の有する多面的機能の持続的な発揮に向けて、これまで国や道の森林整備事業予算や町単独予算などにより森林の整備を進めてきましたが、木材価格の低迷による森林所有者の経営意欲の低下や森林所有者の不在村化、相続による世代交代などから整備が行き届かない森林の増加が懸念されます。

このため、本町では、国から譲与される森林環境譲与税を有効に活用して、次の方針に基づき、適切な森林の整備やその促進につながる取組を計画的かつ効果的に進めます。

 

森林環境譲与税の活用に向けた基本方針~当面5年間(令和元年度~令和5年度)の考え方~

  

基本方針  PDFスモールアイコン

お問合せ先

上富良野町役場 農業振興課 農業振興班

0167-45-6984


PageTop
トップページに戻る