前のページに戻る  ホーム » 組織 » 町立病院 » 病院の沿革

病院の沿革

 

昭和33年 9月 上富良野町立国民健康保険直営病院開設
診療科目  内科、外科、産婦人科  病床数 54床
昭和53年 5月 改築工事着工(鉄筋コンクリート造2階建3,564.99m2)
昭和55年 3月 現病院完成(鉄筋コンクリート造2階建3,577.5m2)
一般病床80床(基準看護一般1類)
平成55年 4月 救急告示病院認定
平成 4年10月 夜間診療開始
平成12年 2月 介護保険開始、療養型病床36床、一般病床44床 病床数80床
4月 指定居宅介護支援事業者の指定
短期入所療養介護(ショートスティ)
平成13年 3月 産婦人科診療廃止 町内に整形外科が開院
平成17年10月 泌尿器科  隔週の水曜日で診療開始
平成20年 1月 循環器内科  隔週の金曜日で診療開始
平成20年 7月 眼   科  隔週の金曜日で診療開始
平成20年10月 院内保育所開設
平成20年12月 介護療養型老人保健施設を併設(一般病床44床+28床)
平成26年 8月 眼科休診
平成29年 4月 血液・腫瘍内科  毎週水曜日の診療開始
肝 臓 内 科  月2回の診療開始
救  急  科  標榜


PageTop
トップページに戻る