学校の概要
 本校は、富良野盆地の北部、上富良野町市街地の東側に位置し、JR上富良野駅より1.3kmのところにある。上富良野町は南北に国道237号線とJR富良野線が平行して走り、十勝岳連峰をはじめ、周囲を山並みが取り巻き、なだらかな丘陵地が続く。その中を富良野川が流れ、自然環境に恵まれ、農業と牧畜業が主産業である。
 夏はラベンダーが咲き誇り、その鑑賞に訪れる観光客も多い。

 昭和30年に自衛隊が駐屯したことによって人口が急増し、昭和35年には17,101人となった国勢調査。しかし、その後、徐々に離農現象がはじまり、人口減少が進み令和25月末日の人口は10,490人となっている。
校章
 昭和22年,校章制定にあたり,全校生徒・職員より図案を募り,それをもとに美術担当の北川博教諭が考案作成した。
 雪の結晶のかたどりは,白雪いただく十勝連峰の,荘厳・清純な自然美に包まれて生きる者の誇りと,厳しい自然を克服していく開拓者精神を象徴している。
 結晶の中央に,上富良野中の「中」を配して輪でつつみ友情の和による人格形成を,六稜に走る中心線は本校の輝かしい未来への発展を表している。
 校章の原型は,「板状結晶・正規六花・扇形」(中谷宇吉郎氏分類)で,代表的な雪の結晶形の1つである。
生徒数(令和4年5月1日現在)
男子 女子 合計
1年生 48 37 85
2年生 48 37 85
3年生 41 48 89
合計 137 122 259
教職員
校長
教頭
教諭 22
養護教諭
特別支援員
SC
事務職員
学校支援員
公務補
ALT
合計 29

〒071-0553
空知郡上富良野町旭町1丁目1番5号
電話 0167-45-2072