当サイトでは、上富良野(かみふらの)への移住・定住、田舎暮らしをお考えのかたへ、町の情報やの体験者の声など様々な情報を紹介します。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム » 移住の先輩に聞く » 第6回 移住者対談:テーマ「医療」について

第6回 移住者対談:テーマ「医療」について

匿名希望Aさん(以下"A") : 地元の上富良野町に住んでいる人
匿名希望Bさん(以下"B") : 定年退職後に移住

A : 
上富良野町に来て何年になりますか?
B : 
16年たったかな
A : 
今現在、不安や不満に思っていることはありますか?
B : 
地域の人との関わりや冬の生活など、ここでの暮らしにはすっかり慣れたから不満は特にないけど、不安というとやっぱり医療のことかな。
A : 
町には町立病院があり、富良野や旭川にも通える距離だから安心という方もいますよね。
B : 
それは、ある程度元気で、車の運転ができることが条件だよね。私みたいに70歳を過ぎて、いつ、どんな病気になるかもわかないし、もうあと何年自分で運転ができるか…。冬道の運転はまた危ないしね。緊急のときにはドクターヘリが飛ぶこともあるみたいだけど、そうじゃなかったら自分で行かなきゃいけないでしょ?公共の交通機関がそれほど充実しているわけでもないし。もし、毎週とか頻繁に通院しなければならない病気になったら、引越しや入院も考えているよ。もちろん、その病気や症状にもよるんだろうけど。
A : 
確かにそうですよね。送迎をしてくれる病院もありますが、全部ではないですもんね。
B : 
定年後に移住をしようとする人は、その点を良く考えた方が良いと思うよ。でもここに来て、ストレスはないし、素晴らしい景色を見て癒されたり、空気や食べ物がおいしいというのもあってか体調は良くなったことは確かだけどね。