前のページに戻る  ホーム » 組織 » 町民生活課 » 生活環境班 » 省エネ・新エネに関すること(地球温暖化対策)

省エネ・新エネに関すること(地球温暖化対策)

主な取り組み

右向き矢印職員研修「職員エコセミナー」開催(2010年7月14日) PDFスモールアイコン

右向き矢印新エネルギービジョン策定委員会設置(2010年7月28日) PDFスモールアイコン

右向き矢印職員研修「職員エコセミナー」(2)開催(2010年10月15日) PDFスモールアイコン

右向き矢印新エネルギービジョン策定委員会(第2回)開催(2010年10月29日) PDFスモールアイコン

右向き矢印新エネルギービジョン策定委員会(第3回)開催(2010年12月06日) PDFスモールアイコン

右向き矢印新エネルギービジョン策定委員会(第4回)開催(2011年01月27日) PDFスモールアイコン

右向き矢印かみふらの環境展示開催(2011年10月31日~11月2日) PDFスモールアイコン

右向き矢印上富良野環境学習会開催(2011年11月16日) PDFスモールアイコン

右向き矢印キッズ・カフェ in かみふらの(環境学習会)開催(2011年12月26日) PDFスモールアイコン

 

地球温暖化対策 - 現状を知ろう -

 

地球温暖化の現状と町の地球温暖化の対策をお知らせします

 

◆地球温暖化はなぜ起きるの?

太陽の熱が地球に伝わり、赤外線として地球から放出されます。赤外線は大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスに吸収されるため、地球上の温度は15度程度に保たれてきました。二酸化炭素や水蒸気からなる温室効果ガスがなければ、地球の平均気温は氷点下18度になってしまいます。

この温室効果ガスが増えると、吸収される赤外線が増えて地球上の温度が上がることになります。

ところが、産業革命以降化石燃料(石炭や石油など)を大量に消費するようになり、大気中の二酸化炭素が急激に増えました。

このため、大気に吸収される赤外線が増えて温度が上昇し、各地で気候変化を引き起こしていると言われています。

 

◆町の温室効果ガスの実態は?

上富良野町から主に排出されると考えられる温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の排出量は、過去のデータから推計すると2006年(平成18年)では、総量12万8千474t-co2です。1人あたりの温室効果ガス排出量は、10.471t-co2となっています。

 

上富良野の温室効果ガスの削減目標は?

排出される3種類の温室効果ガスのうち、最も多く排出されるのが二酸化炭素であることから、削減目標とするガスを二酸化炭素とします。

その排出量は、1990年(平成2年)では、町民1人あたり6.43t-co2です。

今後、2020年(平成32年)までに二酸化炭素排出量を町民1人あたり5.94t-co2にすることを目標としています。

 

二酸化炭素の削減目標

 

◆町ではどんなことをするの?

町では、平成21年度「地球温暖化対策推進法」に基づく、上富良野町地球温暖化対策実行計画(区域施策編) (事務事業編)及び上富良野町地域省エネルギービジョンを策定し、今年度は上富良野町地域新エネルギービジョンを策定します。

これらの計画に基づいた取り組みを順次具体的に進めていきます。町民皆さんの1人ひとりの行動が地球温暖化の防止につながっていきます。

今後は、皆さんに協力していただきたい省エネ行動をお知らせしていきますので、ご協力をお願いします。

 

◆どんなことをすればいいの?

日常のちょっとした行動に気をつけると、二酸化炭素の排出を削減することができます。

たとえば、無駄な電力を使わない、エネルギーのムダ使いをしないなど、省資源や省エネルギーを心がけることが大切です。

行動例と二酸化炭素削減量は次のとおりです。

  • アイドリングストップ 1分あたり32g
  • テレビを消す 1時間あたり104g
  • 40形の蛍光灯を一本消す 1時間あたり19g
  • 暖房の設定温度を一度下げる 1台1日あたり1,121g
  • シャワーの時間短縮 1分あたり77g など

右向き矢印すぐにできるエコ活動は、こちらをご覧ください。

 

◆お問い合わせ先

上富良野町役場 町民生活課 生活環境班 (0167-45-6985)

 


PageTop
トップページに戻る