前のページに戻る  ホーム » 組織 » 保健福祉課 » 子育て支援班 » 特別児童扶養手当制度

特別児童扶養手当制度

 

精神または身体に重度の障害をもつ20歳未満の児童を養育している父母または養育者には、特別児童扶養手当が支給されます。

 

◆支給要件

 

対象となる障害の範囲は法律で定められていますが、1級は身体障害等級の1級及び2級に、2級は同じく3級及び4級の一部に該当する範囲となっており、支給額は次のとおりです。

 

◆支給額

 

1級(重度) 月額 51,500円 ※平成28年4月改定

2級(中度) 月額 34,300円 ※平成28年4月改定

毎年4月、8月、11月にそれぞれ前月分までが支給されます。

また、児童が他の制度による障害年金を受けているとき、支給対象者または、その扶養義務者が一定額以上の所得があるとき等は、支給されません。

 

◆請求の方法

 

手当を受けるには、認定請求書に次の書類を添えて手続きしてください。知事の認定を受けることにより支給されます。

  1. 請求者と対象児童の戸籍謄本
  2. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票
  3. 診断書(用紙は役場窓口にあります)
  4. 印鑑・預金通帳(名義・口座番号確認の為)

※ 個々の状況によって、他に必要な書類がありますので、子育て支援班(45-6987)にお問い合わせください。)

 

◆お問い合わせ先

保健福祉課子育て支援班

電話 (0167)45-6987

 


PageTop
トップページに戻る