前のページに戻る  ホーム » 注目情報とお知らせ » 注目情報 » 北海道胆振東部地震に伴う節電対策について

北海道胆振東部地震に伴う節電対策について

 

ご家庭における節電のお願い

 

9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震後の北海道内の電力供給力について、一定程度の電力供給量が確保できたことから、計画停電は当面実施する必要がない見通しとなり、2割の節電目標の設定が無くなりました。

なお、老朽火力発電所のトラブル等の可能性もあることから、家庭、事業所等においては、8:30~20:30(節電タイム)の節電について、不要な電気は使わないなどできる範囲ので節電に引き続きご協力をお願いします。

 

ご家庭における節電のお願い

 

詳しくは、以下のページをご覧ください。

 

ほくでん

経済産業省資源エネルギー庁

北海道

 

 

上富良野町内公共施設等における節電の取組

 

役場庁舎をはじめとした各公共施設においては、保健衛生や安全管理上支障のない範囲において、照明を消すなどの節電対策を行っています。

普段、各公共施設を利用されている皆様方には、ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力くださいますようお願いいます。

 

公共施設の節電のための利用制限の解除について

消費電力のピークを迎える夕方から夜間にかけての節電対策のため、平成30年9月11日から以下の公共施設について、18時以降の利用を中止としていましたが、18日現在で電力供給量に一定の目途がついたことから、9月19日(水)より、平常利用できます。

詳しくは、各施設へお問い合わせください。

 

  • 保健福祉総合センターかみん
  • セントラル・プラザ
  • 社会教育総合センター
  • B&Gプール
  • 公民館
  • 学校体育館
  • 富原運動公園
  • 島津球場

 

 


PageTop
トップページに戻る