前のページに戻る  ホーム » 組織 » 建設水道課 » 建築施設班 » ブロック塀などの安全点検

ブロック塀などの安全点検

 

確認しましょう

 

6月18日(月)に発生した大阪府北部を震源とする地震では、ブロック塀などの倒壊に巻き込まれ、死傷者が発生しています。

このことから町では、学校を含む公共施設や主要な通学路のブロック塀、その他の構造物の安全点検を行いました。

ご家庭や事象所でも、所有されるブロック塀などの安全点検をお願いします。

安全点検にあたり、下記の項目を参考としてください。

ひとつでも当てはまる場合や分からないことがあれば町へご相談ください。

構造物の倒壊などによる事故が発生した場合は、所有者や管理者の責任が問われることとなります。

普段から安全確認をお願いします。

 

点検のポイント

 

ブロック塀安全点検箇所
ひとつでも不適合な箇所があれば危険なため改善しましょう。
  1. 塀の高さは地盤から2.2m以下か
  2. 塀の厚さが10cm以上か
    (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は、15cm以上)
  3. 塀の長さが3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか
  4. コンクリートの基礎があるか
  5. 塀に傾きやひび割れはないか
  6. (平成高さが1.2m超の場合)
    塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横ともに80cm間隔以下で配筋されているか。基礎の根入れ深さは30cm以上か

 

お問い合わせ先

 

建設水道課建築施設班

0167-45-6981


PageTop
トップページに戻る