前のページに戻る  ホーム » 組織 » 教育委員会 » 社会教育班 » 町指定文化財

上富良野町指定文化財

 

上富良野町では、国又は北海道の指定を受けた文化財以外で、町の区域内に存するもののうち町にとって重要な有形文化財・無形文化財等について、「上富良野町文化財保護条例」に基づき町指定文化財として現在、次のものを指定しています。

 

東中尋常高等小学校御真影奉置所

東中尋常高等小学校御真影奉置所

種別 有形文化財

員数 1棟

指定年月日 昭和48年6月15日

所在地 上富良野町東8線北18号

所有者氏名 東中住民会

内容

構造:木造(総水松材) 形式:不明 面積:2.78m2 高さ:3.09m

建築年代または時代:大正4年10月

本建築物は、大正天皇の即位に際し、東中尋常高等小学校校庭に造営、大正12年当該小学校の火災により、現東中小学校校庭に移設、昭和16年10月に、紀元2600年記念事業で同窓会は、木造奉安殿を寄贈したことにより本建築物は倍本熊野神社本殿となり、昭和39年2月熊野神社と八幡神社との神体合祀祀により、神社としての使命を終え、現在八幡神社境内に保存されている。

 

憩いの楡

憩いの楡

種別 史跡

員数 5m2

指定年月日 昭和55年2月26日

所在地 上富良野町西3線北29号

所有者氏名 上富良野町

内容

明治30年4月、未開の地であった富良野原野に初めて三重県から上富良野草分地区に団体移住し、開拓の鍬をおろした。その時に田中常次郎一行8名の先発隊が1本の楡の木の下で一夜を過ごしたことを記念して「憩いの楡」と刻まれた石碑を建て、当時をしのんでいる。

 

富原地区地神及び山の神

富原地区地神及び山の神

種別 史跡

員数 2体

指定年月日 昭和55年12月9日

所在地 上富良野町東7線北24号

所有者氏名 富原住民会

内容

上富良野高校郷土史研究会は、この「地神及び山の神」は、以前旭川永山農場内にあり、ここから、現在の富原地区へ移住した四国出身者により創祀されたものと研究報告した。

この報告を受け、調査した結果、これらが富良野地方で最も古い史跡であるとの結論が得られ、町指定文化財として永く保存することとした。

 

右向き矢印所在する場所は、こちら(google Map版)をご覧ください。


PageTop
トップページに戻る