前のページに戻る  ホーム » 組織 » 町民生活課 » 自治推進班 » カメラ見て歩き

カメラ見て歩き

◆ 広報担当者が町の出来事をお知らせします。 ◆

 

<<戻る 次へ>>
撮影日:2014 年 01 月 19 日(日) 
【 雪崩事故対策トレーニング 】
雪崩事故対策トレーニング

冬山愛好者で組織するカミフ会(上富良野冬期山岳事故防止委員会、角波光一会長)による「雪崩事故対策トレーニング」が旧白銀荘周辺で行われました。
12月に2回行われた学習セミナーを踏まえ、実践編の今回は遠く札幌市からの参加もあり、合計22人が参加。3つのグループに分かれて、実際の雪崩事故を想定した訓練が行われました。
あらかじめ参加者には見えないよう埋没者に見立てたビーコンが入った袋を雪中に埋め、付近には実際の現場さながらにストックやバックパックなどの遺留品を配置。ビーコンでの埋没場所の特定、プローブ(雪に刺して埋没者の正確な位置を特定するための棒)での埋没者の確認、ショベルによる救出を繰り返し訓練しました。本番同様の設定に参加者は緊張感のある訓練となったようでした。

<<戻る 次へ>>

 

掲載写真の無断転載を禁止します。


PageTop
トップページに戻る