前のページに戻る  ホーム » 組織 » 町民生活課 » 自治推進班 » カメラ見て歩き

カメラ見て歩き

◆ 広報担当者が町の出来事をお知らせします。 ◆

 

<<戻る 次へ>>
撮影日:2013 年 12 月 06 日(金) 
【 雪山安全セミナー 】
雪山安全セミナー

カミフ会(上富良野冬期山岳事故防止委員会)による雪山安全セミナーが6日(金)と13日(金)の2回にわたり、公民館で開催されました。
今シーズンのセミナーは座学の「雪崩セミナーナイト」が2日間、実技の「雪崩事故対策トレーニング」が1日行われます。
講師で雪崩事故防止研究会の副代表も務める大西人史さんからは、実際に上富良野エリアで発生した事例を映像も交えながら説明し「雪崩に遭うリスクをできるだけ減らすためには地形、天候、雪の状態などを読み取るための基本的な知識と、ビーコンやヘルメットなど十分な装備、そして何よりも単独は避け、雪崩に巻き込まれた場合でも救出が可能になる複数での入山を」と、リスクマネジメントの大切さが伝えられました。
カミフ会では「カミフは冬も入山届」を合言葉に、冬期間の入山届への記入を推奨しています。入山届は吹上温泉保養センター白銀荘、カミホロ荘、凌雲閣のほか、ヒュッテバーデンかみふらの前のバス停内にあります。

<<戻る 次へ>>

 

掲載写真の無断転載を禁止します。


PageTop
トップページに戻る