前のページに戻る  ホーム » 組織 » 保健福祉課 » 高齢者支援班 » 介護保険 » 介護保険のしくみ

介護保険のしくみ

 

介護保険制度は、わたしたちが住む上富良野町が保険者となって運営します。40歳以上の皆様が加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときには費用の一部(原則として一割)を支払って、介護サービスを利用するしくみとなっています。

被保険者の年齢が「40歳から64歳」であるか、「65歳以上」であるかによって、保険料の計算や制度利用のしくみが一部異なります。

 

年齢区分 保険料の納付方法 サービスを利用できる方
65歳以上
(第1号被保険者)
年金からの天引きまたは納付書、口座振替により納付します 介護や支援が必要であると認定された方
40歳~64歳
(第2号被保険者)
国保などの医療保険の保険料に上乗せされ、医療保険者に支払います 老化が原因とされる病気(特定疾病※)により介護や支援が必要であると認定された方

 

※特定疾病とは

加齢と関係の深い疾病で、要介護(要支援)状態になる可能性が高い16疾病が指定されています。

<詳しくは>厚生労働省「特定疾病の制定基準の考え方」(外部リンク)

 

◆保険料は大切な財源です

40歳以上の皆様が納める介護保険料は、制度運営にかかる費用の50%を占める重要な財源です。

<介護保険運営の財源イメージ>

介護保険の運営に必要な費用(利用者負担を除く9割)
保険料 50% 公費(税金) 50%
65歳以上の方の保険料 40~64歳の方の保険料 北海道 上富良野町
22% 28% 25% 12.5% 12.5%

 


PageTop
トップページに戻る