前のページに戻る  ホーム » 組織 » 農業振興課 » 農業振興班 » 林務施策のあらまし

林務施策のあらまし

現在上富良野町には、11,203ha(国有林を含む)の森林があります。

平成13年度に改正された森林・林業基本法にともない、森林は資源生産の場から多面的機能を持続的に発揮する場として位置付けられることになりました。多面的機能とは、国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、地球温暖化の防止、林産物の供給等の森林の有する多面にわたる機能のことをいいます。

当係では、森林の多面的機能が持続的に発揮できるよう、適切な保育、育成を推進しています。

また、森林と関係が深い自然動物の保護及び、農作物に被害を与えるヒグマ、エゾシカ、カラス、キツネ等の有害鳥獣駆除を行っています。

 

町有林の保育育成

町には187haの町有林があり、資源構成は天然林17ha、人工林170haとなっています。

その町有林を適切に保育、育成するため造林、下刈、除・間伐、枝打ち等を行っています。

 

造林、除・間伐の補助事業

町には5,464haの私有林があり、資源構成は天然林1,371ha、人工林4,085ha、無立木地8haとなっています。

私有林の保全と育成を図るため、無立木地には造林、人工林には適切な時期の除・間伐、天然林については天然林改良等を推進し、町も補助等を行っています。

 

森林経営計画の認定及び変更事務

林班または隣接する複数林班の面積の2分の1以上の面積規模の森林の全てを対象とする林班計画や、町長が定める一定区域内において、30ha以上の面積の森林の全てを対象とする区域計画、自ら所有している森林の面積が100ha以上であって、その森林の全てを対象とする属人計画の新規作成、変更の認定を行っています。

 

有害鳥獣駆除及び野生鳥獣保護

農作物の食害、家畜、人的被害を防ぐため、猟友会富良野支部上富良野部会と連携し、ヒグマ、エゾシカ、カラス、キツネ等、畑に侵入し作物を荒らしているものや、人家近くに出没したヒグマ等を警戒、駆除しています。

 

内水面(養魚等)

養魚や川魚等、内水面に関する事務を行なっています。

 


PageTop
トップページに戻る