前のページに戻る  ホーム » 組織 » 町民生活課 » 総合窓口班 » 出生届

お子さんが生まれたとき(出生届)

 

出生届は、お子さんが生まれた日から14日以内に届出してください。

 

◆届出人

 

特別な場合を除き、父または母

 

◆届出地

 

原則、本籍地、届出人の所在地、出生地

 

◆届出に必要なもの

 

  • 届書 (医師の診断書付き)
  • 届出人の印鑑 (出生届の訂正に必要な場合があります。)
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証

 

◆出生届の主な注意点

 

  • 出生届は、役場1階町民生活課 総合窓口1に提出してください。
    ただし、14日目が役場の閉庁日の場合は、翌開庁日まで期限が延びます。
  • お子さんの名前の文字は、常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナの中から選んでお使いください。
  • 名前の読み方はご自由に決めていただけます。
  • 出生届の「届出人」の欄に署名をし、印鑑を押すのはお子さんの父または母です。
  • 出生届は代理の方でも結構です。
    ただし、父もしくは母の署名、押印がない場合や、出生届に不備があるときにはお持ち帰りいただく場合がありますのでご注意ください。

 

出生届に関する手続き

国民健康保険に加入しているとき

   必要なものは、世帯主の国民健康保険証と印鑑です。

乳幼児医療費助成制度を受けるとき

   必要なものは、保護者の印鑑、お子さんが加入する健康保険証です。

児童手当を申請するとき

   必要なものは、保護者の口座が分かるもの、印鑑、健康保険証です。

外国籍のとき

   父母のどちらかが特別永住者の方は、上富良野町役場1階町民生活課 総合窓口1へ

   父母ともにその他の在留資格の方は、住民登録地にお問い合わせください。

 

注意事項

平日の夜間や土曜日、日曜日、祝日などの役場閉庁時は、警備員が出生届をお預かりしています。

母子健康手帳の出生届出済の証明ができませんので、後日、母子健康手帳を持参の上、町民生活課 総合窓口1へお越しください。

また、乳幼児医療費助成制度、国民健康保険、児童手当の申請手続きも印鑑を持参し開庁時間中にお越しください。


PageTop
トップページに戻る