前のページに戻る  ホーム » 組織 » 保健福祉課 » 健康推進班 » 子宮頸がん予防ワクチン接種について

子宮頸がん予防ワクチン接種について

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種により、子宮頸がんの原因となるウイルスの感染予防をはかるため、子宮頸がんワクチンの予防接種にかかる費用の全額助成を行っています。

ワクチンは2種類あり、いずれのワクチンも子宮頸がんの予防効果がありますが、初回に接種したワクチンを2回目、3回目に接種することになります。

 

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
接種に当たっては、その有効性と接種により副反応が起こるリスクを十分に理解したうえで受けるようにして下さい。

 

右向き矢印厚生労働省ホームページ

 

◆対象者

上富良野町に住民票がある中学1年生から高校1年生(16歳相当)の女性

  • 中学1年生で接種することが標準的な接種期間です。

 

◆接種間隔及び接種回数

・サーバリックス

1か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する。(合計3回)

1か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する。(合計3回)

 

・ガーダシル

2か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する。(合計3回)

2か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて3回目を接種する。(合計3回)

 

※必ず1回目に接種したワクチンを2回目、3回目に接種することになります。

 

◆実施医療機関

保護者の方が、直接医療機関に事前に電話等で予約してください。

  • 医療機関に納品されるワクチンの数量が限られており、予約から接種まで日数がかかることが予想されますので、お早めに予約ください。

 

医療機関名 電話番号 ワクチンの種類
サーバリックス ガーダシル
上富良野町立病院 45-3171
いんやく小児科クリニック 39-1177
富良野協会病院 23-2181
  • 2回目以降の接種は、1回目に接種した医療機関で行ってください。

 

◆持ち物

  • 健康保険証など氏名・生年月日、住所が記載されたもの
  • 接種後、医療機関から予防接種済証を受け取ってください。
  • 予診票は各医療機関に用意してあります。
  • いんやく小児科クリニックで接種する場合は、母子手帳をお持ちください。

 

◆その他

  • 平成25年4月1日から予防接種法上の定期の予防接種として実施しております。
  • 接種を希望される方は、その有効性と接種により副反応が起こるリスクを十分に理解したうえで受けるようにして下さい。
  • 都合により、上記医療機関で受けられない場合は、事前に保健福祉課健康推進班までお問合せください。
  • 定期の予防接種によって引き起こされた副反応により医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。

 

◆お問合せ先

保健福祉総合センター かみん

保健福祉課健康推進班 電話:45-6987


PageTop
トップページに戻る