上富良野町カミフラノチョウ 決算ケッサン収支シュウシ状況ジョウキョウ  
過去カコ10年間ネンカン決算ケッサン収支シュウシ (単位:百万円)
    11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度ネンド
歳入サイニュウ決算ケッサンガク 9,335 9,661 8,055 8,166 10,107 7,973 7,666 7,000 6,354 7,882 7,683
歳出サイシュツ決算ケッサンガク 9,197 9,575 7,913 8,036 9,989 7,874 7,493 6,892 6,266 7,620 7,466
形式ケイシキ収支シュウシ (A-B) 137 86 142 130 118 98 174 109 88 262 218
ヨク年度ネンド
すべき財源ザイゲン
10 3 14 1 6 1 3 12 0 75 9
実質ジッシツ収支シュウシ (C-D) 127 83 128 129 112 98 171 97 88 186 208
単年度タンネンド収支シュウシ
(E-
前年度ゼンネンド実質ジッシツ収支シュウシ)
△20 △45 45 1 △17 △15 74 △74 △9 98 22
積立ツミタテキン 231 156 101 100 100 181 90 90 41 6 1
繰上クリアゲ償還ショウカンガク 111 95 50       24     47 28
積立ツミタテキン取崩トリクズガク 240 156 100 100 100 180 60 40 40    
実質ジッシツ単年度タンネンド収支シュウシ
(F+G+H-I)
82 50 96 1 △17 △14 127 △24 △8 152 51
端数ハスウ処理ショリのため、カクラン算式サンシキアタイ合致ガッチしない場合バアイがあります
 歳入決算額Aから歳出決算額Bを差し引いた額が形式収支Cで、この形式収支から翌年度へ繰り越すべき財源Dを差し引いた額が実質収支Eとなります。
 この実質収支は、マチの純剰余金または純損失を意味するものですから、ここで示される赤字・黒字は、マチの財政運営の状況を判断する重要なポイントといえます。
 過去10年間の実質ジッシツ収支シュウシ平均ヘイキンするとヤクオクセン万円マンエン、すべて黒字となっており、いわゆる「黒字クロジ団体ダンタイ」をタモっていますが、平成ヘイセイ15、16年度ネンドられるような前年ゼンネンからの余剰を差し引いたF欄、さらに積立金(貯金)と積立金の取崩し額を差し引いたJ欄のマイナスは、実質的な当該年度の決算収支が赤字であることを示しています。
 平成ヘイセイ17年度ネンドにおいては行財政ギョウザイセイ改革カイカクみにより、実質ジッシツ収支シュウシ(E)、単年度タンネンド収支シュウシ(F)、実質ジッシツ単年度タンネンド収支シュウシ(J)など、すべての項目コウモク黒字クロジ転換テンカンしています。